宝塚歌劇団月組、蘭世惠翔(らんぜけいと)さん、男役から娘役へ転向

宝塚歌劇団月組の蘭世惠翔(らんぜけいと)さん、本日(2019年8月22日付で娘役に転向いたしました!!蘭世惠翔(らんぜけいと)さんは、君島十和子(きみじま とわこ)さんの娘さん(長女)です。




君島十和子さんは、元女優・元モデルで、今は、実業家としてご活躍されています。ご自身の化粧品ブランド「フェリーチェトワコ・コスメ」のプロデュースも行っています。「宝塚歌劇」などにも広告が掲載されていますね。

驚きですが、元々可愛らしい方だったので、“初めから娘役だったらよかったのに!!”と思われている方は、多いと思います。でも170cmの身長がおありなので、どうなのでしょうか?!・・・今後のご活躍が期待されます。

宝塚歌劇団 男役から娘役へ転向されたタカラジェンヌさんは、たくさんいらっしゃいます!




最近では、月組娘役トップスターだった、愛希れいかさん。雪組にいらした大湖せしるさんも転向して正解だったと思うほど、素敵な役に恵まれました。元々女の子なので違和感はないのです。むしろ、男役の方が女装して踊るショーの場面はとても楽しみなのです。かつて、次期星組トップスターの礼 真琴さんが、柚希礼音さんの相手役で娘役で踊ったときは、あまりにも可愛くて、娘役に転向すればよかったのに・・・と思いました。古くは、麻実れいさんのさよなら公演「はばたけ黄金の翼よ」で、一路真輝さんが、娘役として出演されていました。・・・なので、違和感はないのです。

蘭世惠翔さんのプロフィールです。

♡誕生日 4月27日

♡出身地 東京都渋谷区

♡出身学校 日本女子大学附属高校

♡身長 170cm

宝塚歌劇団月組、男役から娘役に転向された蘭世惠翔さんの初舞台は、2016年3月「THEENTERTAINER!」102期です。同期には、星組次期娘役トップの舞空 瞳さんがいらっしゃいます。




始めから、娘役だったら、同期の舞空 瞳さんといい勝負だったかも!と個人的には思ってしまうのですが・・・

♡好きだった役 「エリザベート」のルドルフ(少年)

♡演じてみたい役 色々な役に挑戦してみたいです。

♡趣味 舞台鑑賞

♡集めている品 アクセサリー、化粧品

♡好きな花 蘭、紫陽花

♡好きな色 紫、白

♡好きな食べ物 母の手料理、お肉、ぶどう

♡特技(名取名)日舞・藤間豊世、短距離走

♡芸名の由来又は名付け親 恩師より一字いただき、家族と相談しました。

♡愛称 ゆうき

宝塚歌劇団に入る前からもずっと注目をされ続けている蘭世惠斗さん。これからも応援しています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする