宝塚歌劇雪組新人公演 諏訪さきに注目!本役 彩風咲奈さんに挑戦

宝塚歌劇雪組公演では、                               かんぽ生命ドリームシアター幕末ロマン                       「壬生義士伝」                                   ~原作 浅田次郎「壬生義士伝」(文春文庫刊)~

かんぽ生命ドリームシアターダイナミックショー                  「Music Revolution!」が上演されています。

宝塚歌劇団雪組男役の諏訪(すわ)さきさんは、入団6年目で、新人公演「壬生義士伝」にご出演。卒業の学年で、長を務められました。

宝塚歌劇雪組公演「壬生義士伝」新人公演にて、 男役の諏訪さきさんは、大野次郎右衛門役(本役 彩風咲奈)を演じました。彩風咲奈さんからいただいたアドバイスが泣けました!!






“宝塚グラフ9月号より”

今回の新人公演主演は、彩海せら(あやみ せら)さん。本役 望海風斗(のぞみ ふうと)さんの吉村貫一郎を演じました。大野次郎右衛門役は、吉村貫一郎と幼馴染。足軽から出世し、南部藩差配役に出世します。このお二人の関係、演技が素晴らしくて、最後まで泣けてしまうのですが・・・・

大野次郎右衛門 本役 彩風咲奈さんが、新人公演、諏訪さきさんへのアドバイスは、「大劇場公演では、彩海せらさんは、初主演なのだから、一緒に共有しなさい!」と。そして、東京宝塚劇場では、「全力でぶつかって演じなさい!!」とのお言葉を頂いたそうです。

宝塚歌劇団雪組男役の2番手スター!彩風咲奈さんは、入団3年目から合計5回の新人公演主演を果たしました。新人公演で5回主演したのは、柚希礼音さん、音月 桂さんに続いて3人目なのです。




彩風咲奈さんのお役を新人公演でなさる諏訪さきさん!佐助、大野千秋、家臣二人、カカ様(母)と、かなりのお稽古をなさったそうです。とても熱心な方で、舞台となる盛岡へも行かれたそうです。わんこそばにも挑戦されて、一人で、101杯も食べられたそうです。

宝塚歌劇雪組公演「Music Revolution!」諏訪さきさんのかっこよいダンス、銀橋にも注目です!

諏訪さきさんのプロフィール

❄誕生日 10 月3日

❄出身地 京都府京都市

❄出身学校 ノートルダム女学院高校

❄身長 172cm

宝塚歌劇団雪組男役の諏訪さきさんの初舞台 2013年4月「ベルサイユのばら」99期です。入団時の成績は、2番です。同期には月組トップ娘役の美園さくらさんがいらっしゃいます。







❄好きだった役 「伯爵令嬢」と「ドン・ジュアン」の全て、              「るろうに剣心」新人公演の加納惣三郎・・・本役は望海風斗さん           「ひかりふる路」新人公演のルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュスト・・・本役は朝美 絢 さん

❄演じてみたい役 「雨に唄えば」のドン・ロックウッド

❄趣味 カラオケ、家でくつろぐ事

❄集めている品 リラックマグッズ、シルバーアクセサリー

❄好きな色 緑系

❄好きな食べ物 辛子明太子、お米

❄特技(名取名)タップダンス、ヒップホップ(ロック)

❄芸名の由来又は名付け親 母の芸名、諏訪アイより

❄愛称 しゅわっち、くっすー

これからも楽しみにしています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする