宝塚歌劇団105期生新花組生娘役の稀奈(まれな) ゆいさん

ただいま宝塚大劇場では、三井住友VISAカードシアター musical

A Fairy Tale ー青い薔薇の精ー  作・演出/植田景子

三井住友VISAカードシアター レヴュー

ロマンシャルム! 作・演出/稲葉太地上演中です。

いよいよ花組トップスター明日海りおさんの退団公演です。

「歌劇」より“105期生新花組生紹介”が掲載されていました。新花組生の今後のご活躍、どなたがトップスターさんになるのか、とっても楽しみです。

宝塚歌劇団2019年4月「オーシャンズ11」で初舞台を踏み、5月28日付けで花組に配属された研一生の娘役 稀奈(まれな) ゆいさん

素直な心で♡ネバーギブアップ!!

この度、花組配属になりました稀奈ゆいです。憧れの伝統ある花組に配属して頂き、素敵な上級生の方々から沢山の事を学ばせて頂き毎日とても幸せです。感謝の気持ちを大切に、素直な心で華のある娘役になれる様、精一杯精進して参ります。宜しくお願い致します。

❀誕生日 6月7日

❀出身地 奈良県奈良市

❀出身学校 県立高円高校

❀身長 161cm

❀初舞台 2019年4月「オーシャンズ11」 105期生です。

❀演じてみたい役 色々な役に挑戦したいです

❀趣味 映画鑑賞、体幹トレーニング

❀集めている品 バレリーナがモチーフの小物

❀好きな花 チューリップ、バラ、椿

❀好きな色 ピンク、オレンジ色、ローズレッド

❀好きな食べ物 母の手料理

❀特技 脚を高く上げる事

❀芸名の由来又は名付け親 家族と考えました

❀愛称 おかもん、まれな

配属されたときは、あまり役はなく、公演中は、上級生のお手伝いをなさっています。トップスターさんが退団の時のフェアウェルパーティーに下級生の皆さんが、お別れのメッセージを伝える為に、ぞろぞろといらして、トップスターさんのお世話担当の生徒さんがお話されるのがいつも面白い!のです。「いつもご迷惑おかけしてごめんなさい」とか、「いつも優しい言葉をかけてくださってありがとうございました」とか。「この人もタカラジェンヌなの?!」と思ってしまうほどなのです(爆)。そんな方でも、立派に成長していきます。真矢みきさんも下級生の頃、高汐 巴(たかしお ともえ)さんのお手伝いをしていて、楽屋の化粧台に水をこぼして、「次回からやらなくて良いから」と言われたとか・・・(笑)。

今後の稀奈(まれな)ゆいさんのご活躍を楽しみにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする