宝塚歌劇団雪組娘役の野々花ひまりさんの舞台での髪型、髪飾りに注目

宝塚歌劇雪組公演では、かんぽ生命ドリームシアター幕末ロマン「壬生義士伝」   ~原作 浅田次郎「壬生義士伝」(文春文庫刊)~

かんぽ生命ドリームシアターダイナミックショー「Music Revolution!」が上演されていました。千秋楽から2日経ってしまいましたが、まだまだ余韻に浸っています。

宝塚歌劇雪組公演「壬生義士伝」新人公演では 野々花ひまりさんは、「鍋島栄子」役を演じました。本役は妃華(ひめか)ゆきのさんです。




いつも宝塚歌劇雪組娘役の野々花ひまりさんは、素敵な髪飾りをなさっていますね。今回も花組に移動の朝月希和(あさずききわ)さんが、毎公演ごとにチョーカーやピアスを手作りされているのを参考にご自分も作られたり、おでこに合わせた髪型を作っていらっしゃるそうです。

「Music Revolution!」では、あらゆる場面に出られていて、野々花ひまりさんの美しいダンスが随所に観られます。ご本人曰く、「どの場面も大好きですが、特にカノンのシーン ダンサー全員のフェッテのシーンが大好き」だそうです。このシーンは、Bryant Baldwinさんの振り付けでう。中には、フェッテができなかった方もいらしたみたいで、かなりのお稽古をなさったそうです。私もこのシーンは、観ているだけで涙が出てきます。何度でも観たいです。

野々花(ののか)ひまりさんのプロフィール

❄誕生日 1月18日

❄出身地 福桶県福岡市

❄出身学校 中村学園女子高校

❄身長 163cm

宝塚歌劇団雪組娘役の野々花(ののか)ひまりさんの初舞台は、2013年4月「ベルサイユのばら」99期です。雪組同期には、諏訪さきさん、彩 みちるさん、月組トップ娘役の美園さくらさんがいらっしゃいます。




❄好きだった役 「ドン・ジュアン」の少年ドン・ジュアン 「ファントム」新人公演のクリスティーヌ・ダーエ

❄演じてみたい役 色々な役に挑戦したいですが、一人の男性を愛し抜く役、周りの人を元気にしていく役などに挑戦したいです。

❄趣味 舞台鑑賞

❄集めている品 ミニーちゃんグッズ、キラキラしているアクセサリー、ピアス

❄好きな花 ヒマワリ

❄好きな色 黄、赤、白

❄好きな食べ物 両親の手料理、カオマンガイ、クッキー

❄特技(名取名)

❄芸名の由来又は名付け親 家族で考えました

❄愛称 ひまり、ひま


宝塚歌劇団雪組娘役のの野々花ひまりさんは、「幕末太陽傳/Dramatic“S”」と「ファントム」と2度の新人公演ヒロインを演じています。華やかで可憐な娘役さん。今後のご活躍を楽しみにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする