北翔海莉(ほくしょうかいり)さん「夢の宝塚サロン」歌のレッスン

玉川高島屋コミュニティクラブたまがわ主催「夢の宝塚サロン」
昨年同様、北翔海莉(ほくしょうかいり)さんゲスト出演に参加しました。

「夢の宝塚サロン」は、玉川高島屋コミュニティクラブたまがわ主催。元タカラジェンヌの方々を毎月ゲストにお招きして、歌やトークを通じて105周年を迎えた宝塚の魅力を楽しむ講座




講師は、赤岩友美子(タカラヅカ狂想曲著者)さんと
佐藤友里子(入江薫の音楽を愛する会代表、声楽家)さん。お二人は姉妹だそうです。

元タカラジェンヌさんを毎月ゲストにお招きして、歌やトークを通じて105周年を迎えた宝塚の魅力をお楽しみいただく講座なのです!

宝塚の主題歌を歌う歌唱指導の時間や、ティータイムのひとときもお楽しみいただけるそうですが、私が参加しているのは、昨年も今年も北翔海莉(ほくしょうかいり)さんなので、
あまりにも人数が多いため、お菓子とお茶をお持ち帰りでした。

元宝塚歌劇団星組トップスター北翔海莉(ほくしょうかいり)さんのスパルタ歌レッスン?!




「夢の宝塚サロン」に昨年初めて参加しました。いつもは、30名ほどだそうですが、北翔海莉(ほくしょうかいり)さんの場合は、なんと前半後半に分けられました。総勢120名ほどだったと思います。

北翔海莉(ほくしょうかいり)さんのトークとともに歌も聞けて、そして、「FOREVER 宝塚」とエリザベートの「夜のボート」を歌いました。
「夜のボート」の歌詞を読みながら、どういう心情なのかということを説明してくださったのです。皆さん目がハート❤❤❤になっていて、北翔海莉さんが、「私の顔をみないで、譜面を見てください」とおっしゃり爆笑でした。
そして、皆さん、北翔海莉さんを見ながら、明るく元気に目がハート❤❤❤で歌っていたら、「そこは、しみじみと歌うところでしょう」と言われ、またまた、爆笑のうずでした。

宝塚歌劇の音楽の主旋律は、男役さんと知る!!娘役さんの苦労はすごい!!

講座の人数がたくさんいらっしゃる中で、エリザベートの「夜のボート」を男役さんと娘役さんに分かれて歌いました。
私は、娘役に手を挙げていました。
聞きなれていたのは、男役さんのパートで、娘役さんのパートは、キーが高くて、しかも、えっ、こういう音で歌っていたのかと驚きでした。
いざ歌ってみると、北翔海莉さんが、男役さんを歌っていらして、一瞬、男役さんを歌ったら、北翔海莉さんと同じパートが歌えたのに・・・と後悔しました。今から、男役に変えようかなぁ・・・と思ってしまいました。

ところが、では、「一緒に唄ってみましょう!!」と歌ってみると・・・
なんと北翔海莉さんがみなさんと男役のパートを歌い、私は、皆さんと娘役のパートを後悔しながらも歌った時・・・北翔海莉さんの声を耳に何と一緒に歌っているように感じました。デュエットって素晴らしい!!と思いました。

この感動を歌の先生に話したら一人の先生は、「デュエットは、呼吸を合わせて歌うからね」もう一人の先生は、「デュエットは、官能なのよ」と!!!!!!

デュエットダンスは、かなりの相性が必要と聞いたことがありました。
大浦みずきさんは、ひびき美都さんを選んだのはダンスの相性が良かったからと。歌も同じなのだと知りました。
ということで、最近の私は、トップコンビの歌にいつも耳を傾けているのです!!

この講座に昨年参加してから、私は、歌を習い始めました。

そして、一年ぶりに

玉川高島屋コミュニティクラブたまがわ主催「夢の宝塚サロン」ゲストは、北翔海莉(ほくしょうかいり)さん




の講座に参加しました。

初めに、
◎PARADISO~「ダンディズム」作詞 松本隆/作曲 南佳孝
この曲は、湖月わたるさんをはじめ、たくさんの男役さんが歌っている曲です。
北翔海莉さんも熱唱!!
皆さんで、歌詞を読みました・・・なんとも気障なセリフ・・・今迄聞いていただけで、こんなに言葉の意味なんて考えたことはありませんでした。
◎「アムール それは」
◎ブロードウェイ・ミュージカル「ガイズ&ドールズ」のはじめての恋
も歌いました。
良い曲ばかり・・・楽しいひとときでした。

歌の楽しさを教えてくださった北翔海莉(ほくしょうかいり)さん。ありがとうございます。さらに宝塚歌劇を楽しみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする